一般社団法人 明専会

明専会報

国立大学法人九州工業大学は、私学明治専門学校として、北九州、戸畑の地に開学以来、百余年の歴史を持つ大学です。
その同窓会組織、一般社団法人明専会は、母校支援と同窓会運営を主に活動しています。
大学の伝統を在校生(学生会員)に継承するとともに、大学の「今」を卒業生(正会員)に伝え、同窓会活動も合わせて広報することにより、会員相互の親睦と組織の活性化をめざすコミュニケーション誌。それが、明専会報 Kyutech Journalです。
創刊は1916年(大正5年)。脈々と続く全国屈指の同窓会誌のひとつです。
1回の発行部数は、平均約1万6000部(平成28年実績)、現在は年に6回、隔月/奇数月15日に発行しています(ただし、3月分は4月に発行)。
今も、会員の間に年代を越えた連帯感を生みだす源泉として、その役割を果たしています。

最新号のご案内

2021年11月発行
明専会報 2021年11・12月号

  • 第18回明専会慰霊祭
  • 研究室・技術紹介(工学研究院電気電子工学研究系 廣瀬幸先生)
  • 連載:脳に働きかける効果的なリハビリ(18) 最終回 ・・・他

第915号ALL(全記事をダウンロードできます)

第18回明専会慰霊祭

  • 第18回明専会慰霊祭 明専会常務理事 永松正博
  • 開式のことば 明専会副会長 蔵本正彦
  • 追悼の詞 祭主 明専会第七代会長 高原正雄
  • 追悼の詞 九州工業大学学長 尾家祐二
  • 慰霊祭への思い 明専会相談役 大鶴英嗣
  • 遺族代表挨拶 遺族代表 中庸一様
  • 第18回慰霊祭スナップ

研究室・技術紹介

大学だより

学生のページ

  • 感謝と挑戦 九州工大硬式野球部主将(宇機B3) 八木大晴

令和2年度卒業論文題目

フリートーク

  • 美術で一服(7) 化52 米田浩二

連 載

  • 私の一句 テ19 宮原安徳
  • 「明専会100年の群像」より(36) 新荘謹一(キ6) 100年史編集委員長 電44 植山高次
  • 脳に働きかける効果的なリハビリ(18) 金40 小園凱夫

支部・会合だより

  • 明専会東京支部 令和3年度秋季講演会の報告

本部記事

  • 一般寄付のお礼
  • 訃 報
  • 受賞おめでとうございます(学生受賞)
  • 令和3(2021)年度会費納入について
  • 編集後記

明専会広報部会より

  • ☆☆読者アンケートにご協力ください☆☆
Page Top