一般社団法人 明専会

明専会報

国立大学法人九州工業大学は、私学明治専門学校として、北九州、戸畑の地に開学以来、百余年の歴史を持つ大学です。
その同窓会組織、一般社団法人明専会は、母校支援と同窓会運営を主に活動しています。
大学の伝統を在校生(学生会員)に継承するとともに、大学の「今」を卒業生(正会員)に伝え、同窓会活動も合わせて広報することにより、会員相互の親睦と組織の活性化をめざすコミュニケーション誌。それが、明専会報 Kyutech Journalです。
創刊は1916年(大正5年)。脈々と続く全国屈指の同窓会誌のひとつです。
1回の発行部数は、平均約1万6000部(平成28年実績)、現在は年に6回、隔月/奇数月15日に発行しています(ただし、3月分は4月に発行)。
今も、会員の間に年代を越えた連帯感を生みだす源泉として、その役割を果たしています。

最新号のご案内

2022年1月発行
明専会報 2022年1・2月号

  • インタビューシリーズ(7):三菱製紙㈱代表取締役社長 立藤幸博氏
  • 特集:九州工業大学の新たな取り組み(2件)
  • 私の自慢話(新コーナー):うちの家はログハウス   ・・・他

第916号ALL(全記事をダウンロードできます)

インタビューシリーズ ー活躍する明専会員に聞くー 

特集:九州工業大学の新たな取り組み

  • 北九州SDGsイノベーション&アントレプレナーシッププラットフォーム(KIEPS)によるイノベーション創出の取り組み 米澤恵一朗、中藤良久
  • 旧体育館再生プロジェクト:「GYM LABO ~歴史の継承と新しい技術・交わりの形成拠点~」が生み出す新たな産学官共創 米澤恵一朗

研究室・技術紹介

同窓の絆:巻頭言練習

  • アフターコロナで巻頭言がバズる3つの理由 物化H26 武下直樹
  • 全力巻頭言 工学2類1年 岡本侑城
  • 一丸となり楽しめた伝統 工学2類1年 高熊海人
  • 巻頭言を通して 工学3類1年 橋本夏
  • 巻頭言がくれた体験 工学4類1年 﨑山翼

私の自慢話

  • うちの家はログハウス 情59 持田信治

連 載

  • 「明専会100年の群像」より(37) 中村清(カ10) (100年史編集委員長) 電44 植山高次
  • 私の一句 短機33 池田 馨

支部・会合だより

  • 佐賀支部総会
  • 明専会東京支部機械分会 令和3年度土用会の報告

ご案内

  • 令和4年度技術士二次試験ガイダンスのご案内
  • 第10回定時社員総会開催のご案内
  • 情報をお寄せください!

本部記事

  • 九州工大鳳龍クラブ 賛助会員名簿(R3年度)/R4年度東京支部行事・鳳龍クラブ定例行事
  • 一般寄付のお礼
  • 『Web版明専会報』のご案内
  • 受賞おめでとうございます(学生受賞)
  • 会費のご納入について
  • 編集後記
Page Top