一般社団法人 明専会

一般社団法人明専会の概要

明専会は大正4年に「明専学士会」との名称で誕生し、昭和4年に「明専会」と名称変更しました。その後、昭和34年には「社団法人 明専会」、平成20年には「一般社団法人 明専会」として認可されました。誕生以来、母校の後援組織として、教育・研究の援助と会員相互の連絡啓発を2本の柱に掲げ、有益な事業を行っております。また、在学生、卒業生、教員の交流の場所として「百周年中村記念館」(大学構内)や「鳳龍クラブ」(東京・新橋)の活用や運営も行っております。
会員(3万8千人以上)は、広く各方面で活躍しておりますが、輝かしい伝統に培われた強い母校愛と同窓の絆で結ばれており、全国でも注目されている後援組織であります。
全国各地に45の支部と16の分会、海外には3つの学友会(北京、タイ、ベトナム)が置かれ、毎年種々の会合が行われ、会員相互の親睦、啓発を行っています。
明専会員のバックボーンは母校創立の理念、すなわち、「技術に堪能なる士君子」たることであります。在学生も準会員として入学時から本会に加入して頂き、本会の一員として、活動して頂いております。在学中から学生生活はもちろん大学院への進学や就職のお世話、さらには就職後の職場の生活などに、多数の会員が支援を惜しまず、協力しております。


「明専会」の主な事業は次の通りです。(R3.4更新)

  1. 明専会・グローバル人材育成支援(学生を海外に派遣しグローバル人材を育成する事業の支援)
  2. 明専会・創造学習支援(人工衛星、学生フォーミュラ、ロボカップ等の創造的人材を育成するための学生プロジェクトの支援)
  3. 大学と連動した人材育成支援(明専寮におけるグローバルリーダー育成事業の支援)
  4. 「明専スクール」の開催 (明専会員が選ばれた就職内定学生に行うトップアップビジネススクール)
  5. 「明専スクールセミナー」の開催(グローバルに活躍している明専会員が持つ高度で専門的な知識・スキルを講義形式で発信)
  6. 明専会員による就職活動指導(就活生にとって大変心強い支援です)
  7. 九州工業大学文化講演会、出前講義、キャリアセンター等への支援
  8. 九州工業大学交響楽団運営費援助・明専杯剣道大会運営費補助
  9. 交流の場である「百周年中村記念館」(大学構内)や「鳳龍クラブ」(東京新橋)の活用
  10. 機関誌「明専会報・Kyutech Journal」の発行
  11. 卒業生名簿の管理及び提供
  12. 全国各地45支部16分会(海外に3つの学友会)で活動
  13. その他目的を達成するために必要な事業

会長挨拶

〈令和3年 年頭所感〉

2020事業の本格展開に向けて 
 =会員サービス、大学支援の進化= 

               明専会会長 高原正雄(機43)

 

 新しい年を迎えるあたり、心よりお慶びを申し上げます。

 一昨年の11月に、中国武漢で発生した新型コロナウイルス(COVID19)は、WHOの最初の予測をはるかに上回る勢いで世界中に拡散しました。春頃からは、世界中がまるで「全体、止まれ!」の号令で、前につんのめった状態になり、あらゆることが機能不全に陥ってしまいました。幸いにして、日本は、近隣諸国や欧州のような厳しい規制の対策を実施しなかったにもかかわらず、感染者や重篤者、死者は少なく推移しております。その理由は何なのか?まさか、麻生副総理の「国民の民度のレベルが違う」発言に賛同するわけではありませんが、日本人の公衆衛生意識の高さに起因していることは間違いないと思われます。いずれにしても、昨年は、このコロナのせいであらゆるイベントや大切なセレモニーなどが止まった時間の遥かかなたに置き去りにしたままになってしまいました。

 一方、昨年も九州は豪雨で大災害となりました。7月7日には玖珠川の氾濫から始まり、下流の筑後川も至る所で氾濫しました。私は、9月に阿蘇山を源流とした筑後川沿いを訪ねて見ましたが、その被害の大きさは筆舌に尽くせないものがありました。毎年、そして、年々酷くなっている豪雨は、故郷九州を容赦なく襲い、山も、川も、そして、人造物をも壊し続けていることに、憤りに似た悔しさを感じております。幸いにして、明専会会員に被害がなかったことに、まずは安堵しております。

 そういった中、明専会の大きな変化は、北九州の5支部が統合し、念願の北九州支部が誕生したことであります。これで、本部地区における明専会機能が強化され、より建設的な大学支援が可能になると期待されます。また、宮若支部の誕生は、近年久しくなかった新支部の誕生となりました。さらに、海外ではベトナム明専学友会の誕生がありました。このように、国内外での明専の絆が拡大されてきております。加えて、学生、若手、女性会員の絆の拡大も成果が形として表れております。これらの絆の拡大のためにも、財政基盤の強化が不可欠でありますが、一昨年からスタートした終身会員制度に対し、多くの会員からの賛同が得られ、既に1650名を超える会員が終身会員になられております。

 さて、母校創立100周年および明専会設立100周年を記念とした10年間を事業期間とした大学・学生支援は、いずれも大きな成果をあげて推進してきております。記念事業としてスタートしたそれらの各種支援事業は、すでに軌道に乗って自立できるレベルに到達してきております。そこで、創立100周年事業に代る次なる10年の新しい明専会事業を創出するため、「2020事業検討委員会」で協議を行ってきた結果、次の4つの事業に特化する方針を固め、すでに具体的な実行計画の作成に取りかかっております。
 (1) 大学の研究支援事業
 (2) 学生支援事業
 (3) 国際ネットワーク構築事業
 (4) 同窓の絆強化事業
これらの事業は、明専会が主体的に行うことに力点を置く企画になっております。その結果、「会員サービスの進化」、「会員制度の進化」、「大学・学生支援の進化」につなげていくものと確信しております。

 さて、今年第一の願いは、コロナが収まること、少なくともコロナと上手に付き合っていける生活様式が確立され、東京オリンピックの開催をはじめ、多くの文化的、芸術的、学問的活動などが安全に行われることであります。共に願いましょう!

 末筆になりますが、皆様のご多幸の年になりますようお祈りして、年頭のご挨拶といたします。

(いすゞ自動車・理事)

Page Top