一般社団法人 明専会

一般社団法人明専会の概要

明専会は大正4年に「明専学士会」との名称で誕生し、昭和4年に「明専会」と名称変更しました。その後、昭和34年には「社団法人 明専会」、平成20年には「一般社団法人 明専会」として認可されました。誕生以来、母校の後援組織として、教育・研究の援助と会員相互の連絡啓発を2本の柱に掲げ、有益な事業を行っております。また、在学生、卒業生、教員の交流の場所として「百周年中村記念館」(大学構内)や「鳳龍クラブ」(東京・新橋)の活用や運営も行っております。
会員(3万8千人以上)は、広く各方面で活躍しておりますが、輝かしい伝統に培われた強い母校愛と同窓の絆で結ばれており、全国でも注目されている後援組織であります。
全国各地に45の支部と16の分会、海外には3つの学友会(北京、タイ、ベトナム)が置かれ、毎年種々の会合が行われ、会員相互の親睦、啓発を行っています。
明専会員のバックボーンは母校創立の理念、すなわち、「技術に堪能なる士君子」たることであります。在学生も準会員として入学時から本会に加入して頂き、本会の一員として、活動して頂いております。在学中から学生生活はもちろん大学院への進学や就職のお世話、さらには就職後の職場の生活などに、多数の会員が支援を惜しまず、協力しております。


「明専会」の主な事業は次の通りです。(R3.4更新)

  1. 明専会・グローバル人材育成支援(学生を海外に派遣しグローバル人材を育成する事業の支援)
  2. 明専会・創造学習支援(人工衛星、学生フォーミュラ、ロボカップ等の創造的人材を育成するための学生プロジェクトの支援)
  3. 大学と連動した人材育成支援(明専寮におけるグローバルリーダー育成事業の支援)
  4. 「明専スクール」の開催 (明専会員が選ばれた就職内定学生に行うトップアップビジネススクール)
  5. 「明専スクールセミナー」の開催(グローバルに活躍している明専会員が持つ高度で専門的な知識・スキルを講義形式で発信)
  6. 明専会員による就職活動指導(就活生にとって大変心強い支援です)
  7. 九州工業大学文化講演会、出前講義、キャリアセンター等への支援
  8. 九州工業大学交響楽団運営費援助・明専杯剣道大会運営費補助
  9. 交流の場である「百周年中村記念館」(大学構内)や「鳳龍クラブ」(東京新橋)の活用
  10. 機関誌「明専会報・Kyutech Journal」の発行
  11. 卒業生名簿の管理及び提供
  12. 全国各地45支部16分会(海外に3つの学友会)で活動
  13. その他目的を達成するために必要な事業

会長挨拶

〈令和4年 年頭所感〉

これからの明専会の有り様を変革 
=多様性活動の本格活動に向けて= 

               明専会会長 高原正雄(機43)

 

 新年おめでとうございます。
 皆様におかれましては、新しい希望のよい年をお迎えのことと拝察し、こころよりお慶び申し上げます。

 この2年間、中国武漢で発生した新型コロナウイルスは、あらゆる面で世の中に大きな損失を与えてきております。多くのイベントや大切なセレモニーなどが、止まった時間の遥かかなたに置き去りにしたままになっていますが、そういった中、明専会はZoomなどを併用したオンライン形式による理事会、委員会、部会、支部総会、支部講演会、支部長交流会、大学基金推進委員会、さらには、若手の会、新人歓迎会、Pechakucha会、明トラ大会、明専スクール、ぶらり散策、利き酒会、ホーム・カミングデー、めいせんnet、会報のWEB配信、…等が闊達に行われました。今までとは違った形で明専の絆を強くする動きが、至る場面で自主的に行われるようになりました。これは、明専会基盤強化推進の中で種まきをした絆強化活動が確実に花を咲かせ始めた証しであると実感しております。

 一方、地球温暖化の影響で、昨年も日本は大雨による多大な被害が発生しました。7月3日、熱海の土砂災害は惨憺たるものでありましたが、これは単なる天災ではなく、技術倫理からして許しがたい人災そのものでもありました。8月の豪雨は嘗てなかったほどの雨量で、11日に九州北部から始まった豪雨は、中国、近畿、中部、関東に至る広範囲に亘り、死者・負傷者・家屋損壊・浸水などもたら多大な被害を齎しました。このように毎年のごとく日本の自然は破壊され続けており、何とも歯痒い気持ちなりますが、明専会本部は会員の皆様に自然災害やコロナ災害に対するお見舞いや被害状況をお伺いする言葉を発信しております。幸いにして、今まで会員の皆様には重大な被害がなかったことが確認できております。
こういったお見舞いの発信の度に、会員の方々からも近況などの便りを多数いただき、明専の絆の強さを感じることができ、心温まる思いがしております。

 さて、明専会の事業についてでありますが、既にご案内の通り、100周年記念事業(10年間事業)が、いずれも成功裏に終了を迎えることになります。そこで、2020事業検討委員会は新たな次の10年間の事業について検討を重ねました。その結果、今年度より、次の4つの事業を本格的にスタートさせることにしました。

 ①大学の研究支援事業
 ②学生部活動応援事業
 ③国際ネットワーク強化事業
 ④明トラ活用による絆強化事業

 これらいずれの事業も、明専会が主体的に企画・実施することにより、実効性の高い「会員サービス」、「大学・学生支援」に結び付けたいと考えております。

 また、予てより学生・若手・女性会員の明専会への帰属性を高める活動を進めてきましたが、昨年、本格的展開の企画を立案するために「多様性推進委員会」を発足させました。
明専会が持続的な発展を目指すために、ダイバーシティ(多様性)を配慮し、より多くの会員層が同窓の絆の下に集い、自由闊達な活動ができるようにすることを目指しております。大正4年(1915年)に男性会員のみの明専学士会が発会しましたが、昭和25年(1950年)に初めて女性が会員に加わりました。それから65年経った平成27年(2015年)、明専会設立100周年の時、女性役員(監事)1名が誕生しました。
その後、女性役員のクォーター化の目標を掲げ、令和3年(2021年)には女性役員が4名になりました。まだまだ目標途上にありますが、明専会報には学生・若手・女性会員による多くの記事が賑わうようになりました。この動きを加速させて、今後の明専会の有り様をぜひ変革させていきたいと考えております。

 

(いすゞ自動車・理事)

Page Top