支部・分会

東京支部、明専会東京センター、九州工大鳳龍クラブの関係

「東京支部」は明専会員の組織であり、「東京センター」は一般社団法人明専会の基本財産で、明専会本部の管理下にある。

明専会本部のもと、「東京センター運営部会」で運営し、運営管理の実務は東京センター長が当たる。

また、本運営部会に重要事項を集中審議するために「東京企画委員会」を置く。

「九州工大鳳龍クラブ」は明専会会員有志(賛助会員)による協力団体であり、東京センターの目的・使命達成に寄与し、合わせてセンター運営の委託を請ける。

東京支部、明専会東京センター、九州工大鳳龍クラブの関係図

【東京支部】

明専会組織規程第11条によって設立されたものであり、明専会本部との連絡を密にしてその事業に協力し、会員相互の親睦と啓発につとめることを目的として設立された明専会の中の一つの地域的な組織です。

組織運営の効率化を目的とし、6つの分会から構成されています。 

それぞれの分会は機能上支部扱いです。

 東京支部には支部長1名、事務局(幹事長1名)、会計担当1名、監事2名および、各分会代表から構成されています。 (詳しくは東京支部役員欄を参照ください)

【明専会東京センター】 (一般に東京センターと呼ばれています)

明専会の一つの活動拠点として設けられた建築物(法人の基本財産)であります。  

その運営は明専会組織規程第15条2に基づいて設置した「東京センター運営部会」で行い、運営管理は東京センター長があたります。

円滑な運営と発展を図るために、下記のような東京センター運営委員会を設け、年2回(通常2月・7月)開催いたします。

(詳しくは「一般社団法人明専会東京センター運営基準」を参照ください)

○部会長1名 明専会副会長
○副部会長2名 部会長推薦者の2名
○委員 東京支部各分会の推薦者各2名、委員長の推薦者5名以内、東京センター長
○監事2名 明専会監事の推薦した者

【東京企画委員会】

明専会東京センターの重要事項を審議、提案するために本委員会を設置しています。

支部長を委員長とし、支部役員(支部長、幹事長、監事)および6つの分会長、主管で構成する。

【九州工大鳳龍クラブ】 (一般にに鳳龍クラブと呼ばれています)

東京センターの協力団体として設けられた組織であります。
その具体的な事業内容は下記のようなものがあげられます。

1.東京センターの活動のための財政的援助

2.会議、講演会、勉強会、親睦会その他各種の会合開催

3.東京センター利用者に対する飲食物の斡旋

4.その他本クラブの目的を達成するために必要な事業

このような事業を行うための資金は個人賛助会員(東京支部会員のみではなく、広く明専会全会員より募集)および法人賛助会員の賛助会費で賄われています。
本クラブの円滑な運営と発展を図るために鳳龍クラブ運営委員会です。

明専塾
奨学金・語学賞・技術賞
明専会公式Facebook
九州工業大学
鳳龍クラブ

明専会本部

〒804-0015
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学内
Tel: 093-881-2346

大きな地図で見る

東京センター(鳳龍クラブ)

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館5階503号
Tel: 03-3572-2009

大きな地図で見る