支部・その他からのお知らせ

第 124 回明専塾「セイコーエプソン」開催報告

2016/12/19 文責者:一般社団法人 明専会

 

1.概要 

 2016 年 12 月 7 日(水)、九州工業大学飯塚キャンパスにおいて、第 124 回明専塾「セイコーエプソン」を実施致しました。

 当社は、長野県諏訪市に本社を置く情報関連機器、精密機器のメーカーです。学生の皆さんには、Colorio でお馴染みのコンシューマインクジェットプリンタとプロジ ェクタのイメージが強いかと思いますが、時計の精密加工をベースとした「省・小・精」の技術をモットーに独自のコア技術(マイクロピエゾ・マイクロディスプレイ・センシング・ロボティクス)をベースに 4 つのイノベーション(インクジェット・ビジュアル・ウェアラブル・ロボティクス)を引き起こしながら、国内外の幅広いエリアで事業展開をしております。

 今回の明専塾では、上述のイノベーションを作り上げる事業基盤ともいえる情報系エンジニアの役割・業務内容・仕事に対する取組姿勢等を中心にお話しをさせていただきました。 

 

2.講演会:2201 講義室 
 講演会には、情報工学部の学生 123 名に参加いただき、熱心に聴講頂き、その後の質疑の場面においても活発な意見を数多くお寄せ頂きました。 

 (1)    16:20~16:25 開会挨拶
  大学院情報工学研究院 システム創成情報工学研究系 准教授 小林 順
 (2)    16:25~17:00 「エプソンの技術戦略について」
  セイコーエプソン(株)IT 推進本部長 熊倉 一徳
 (3)    17:00-17:20 「情報系技術者の活躍について」
  セイコーエプソン(株)PS 企画設計部 課長 村田 昭雄(情機 1998 卒)
 (4)    17:20-17:35 「入社 12 年目の社員が語る EPSON について」
  セイコーエプソン(株)プリンター企画設計部 中田 健一(情機 2005 卒)
 (5)    17:35-17:45 「入社 7 年目の担当業務について」
  セイコーエプソン(株)プリンター企画設計部 向井 勇士(情機 2010 卒) 
 (6)    17:45-17:50 質疑応答

 

▲ 熊倉 一徳 ▲ 村田 昭雄
▲ 中田 健一 ▲ 向井 勇士

 

3.懇親会 
 懇親会は、18 時からラーニングアゴラにて行われ、学生 36 名、教員 7 名、セイコ ーエプソン社員 5 名、の合計 48 名が参加しました。 
 学生の皆さんからは、講演内容に関する質問に加えて、就職活動に関するアドバイス、当社の社風、生活環境等様々な質問が寄せられ、フランクな意見交換がなされたと感じております。また教員の方々からも直近の教育指導状況等についてご教授頂き大変有益な時間となりました。 

 

▲ セイコーエプソンの社員 ▲ 懇親会の様子

 

4.所感 
 この度は明専塾に参加させて頂き、誠に有難う御座いました。特に今年は 100 名を超える大変多くの学生の皆さんにお集まり頂き、講師陣一同気が引き締まりました。皆さんの真剣な眼差しもさることながら、細部も聞き漏らさない、見落とさないという思いが質問の随所に感じる事が出来ました。 
 続いて行われた懇親会ですが、講演会の雰囲気とは打って変わって、各テーブルでざっくばらんな会話がされており、当社のありのままの姿を少しでも感じ取って頂けたのではないかと思います。 
 ところで野田センター長のご挨拶の中で、当社の新商品「PaperLab」を紹介して頂きました。皆さんもご存知かと思いますが、当社の主柱事業に“プリンティング”があります。プリンティングは紙を消費する事が前提ですが、この「エコの時代」、やはり我々の頭の中に何か引っ掛かるものがありました。そんな折、当社経営層から、「紙の消費・生産を循環させるような商品を考えろ!」との号令のもと、社内のエンジニアが集結し、数年の歳月で「PaperLab」を世に産み出しました。一方今日、企業・官公庁が頭を悩ませているのは、個人情報・機密情報の廃棄問題です。我々は多大なコストと時間をかけて情報末梢に取り組んでいます。再生紙を作る技術・商品は他にも存在します。しかし、PaperLab は個人情報・機密情報をなんと自室で抹消し、おまけに再生紙も産み出します。当社のエンジニアはトップから言われた一つの指示・価値の提供で満足せず、一ひねりも二ひねりもした価値を考え抜き、商品として世の中に提供したのです。 
 これは一例ですが、この様なエンジニア魂が当社の至る所で見受けられます。事業・イノベーション領域が4つしか無いなんて少ない?と感じられるかもしれませんが、独自のコア技術をベースに複合化し、皆さんの想像もつかないような驚きや感動をもたらす商品をEPSONは作り続けます。 
 当社に興味を持たれた方、是非一緒に働いてみませんか?共に創造と挑戦をしまし ょう。 
最後に成りますが、今回「明専塾」という貴重な場をご用意頂き改めて厚く御礼申し上げると共に、皆さんの就職活動が良い結果に結びつく事を心より祈念しております。 

 

5.世話人 

 大学 システム創成情報工学研究系 准教授 小林 順 
 企業 セイコーエプソン株式会社 人事本部 人事部 エキスパート 成瀬 哲 

以 上 

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe® Reader®が必要です。
※古いバージョンのAcrobat Readerをお使いの場合、保存できないことがあります。
保存できない場合は、バナーから最新版をダウンロードしてご利用ください。

一覧へ戻る

明専塾
明専会公式Facebook
九州工業大学
九州工業大学
鳳龍クラブ
奨学金・語学賞・技術賞

明専会本部

〒804-0015
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学内
Tel: 093-881-2346

大きな地図で見る

東京センター(鳳龍クラブ)

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館5階503号
Tel: 03-3572-2009

大きな地図で見る